新着情報

第2期ACE杯第4節レポート

2021.08.05

 

第2期ACE杯第4節

 

第2期ACE杯第4節がおわりました!

 

みなさんこんにちは!

 

去る7月4日(日)、「まーじゃんエース」にて、第2期ACE杯第4節が開催されました。

当日の模様を、レポートでお伝えします。

 

第4節ゲストプロ

 

日本プロ麻雀連盟公式ルールで行われた第4節は、藤島健二郎pと仲田加奈pのお二人をお招きしておりましたが、緊急事態宣言が発出されたため、諸般の事情により、ゲストが最高位戦日本プロ麻雀協会鈴木たろうpに変更となりました。突然の対応となり、大変申し訳ございませんでした。

 

 

ACE杯第4節結果

準決勝まで

連盟公式ルールが得意と最初のゲスト挨拶で話していた鈴木たろうプロはトータルマイナスで終了し、ゲストプロが久しぶりに準決勝に進めない結果となりました。

 

 

 

ACE杯第4節決勝

決勝に進んだのはこの4名

 

 

トップから

RMU 宇野良香プロ

ハイキャッスルさん

後藤竜司さん

シマカタさん

 

東場は平たい点棒移動で終了。

起家から

シマカタさん 33800
ハイキャッスルさん 30000
後藤竜司さん 27200
宇野良香プロ 29000

 

最後の半周が勝負になる。

宇野プロに勝負手イーシャンテンが入るが、

トータル2着目のハイキャッスルさんからリーチ。

シマカタさんも最後の親で追いついた手牌はリーチピンフドラドラは引き分け。

 

リーチ棒が2本残り、全員が欲しい供託のある状態でトータル2着目のハイキャッスルさんの親番。

宇野に国士無双2シャンテンの手が入るが、この半荘トップ目のシマカタさんからリーチが入る。

ドラドラのリーチでツモるとかなり大きい。
シマカタさんがツモって2000・3900の1本場。

かなり大きなリードになった。

 

シマカタさん 42500
ハイキャッスルさん 26500
後藤竜司さん 23600
宇野良香プロ 27400

 

ラス目の後藤さんは優勝には連荘が必須となる
ハイキャッスルさんはまず30000点を超えることが条件だが、トップ目との点差もあり厳しい。

123の三色同順で仕掛けたのはドラドラのシマカタさん。
ハイキャッスルさんが放銃してしまう。

シマカタさん 46400
ハイキャッスルさん 22600
後藤竜司さん 23600
宇野良香プロ 27400

 

オーラスはトリプル条件2人と親番の宇野プロは連荘。

シマカタさんはアガれば優勝。

ただし、順位によってACEポイントの違いもあるので普通にアガる場合もある。

決勝で好調だったシマカタさんに絶好の闇テンが入り、オーラスは1局で終了した。

 

第2期第4節終了時点でのスコア

 

 

 

次回はMリーグルールで

U-NEXT Pirates所属 麻将連合の小林剛プロがゲストの第5節をお届けします。